スポンサーリンク

祝!ダンボール戦機リニューアル再販

スポンサーリンク
スポンサーリンク

祝え!かつて多大な人気を誇ったプラモデルの再販を!!

というわけで、バンダイスピリッツより4/13日土曜日より発売されるダンボール戦機プラモデルのこちらを会社で買ってきました。

とりあえず買ってきたのは、こちらの二点。

LBX-00とLBX-アキレスです。

今回の再販では、写真のアキレスとクノイチ・デクー・ハンターの計4種類に加え、新規で写真のLBX-00と主人公が使用するアキレスを操作する端末のプラモデルの二点を加えて合計6点が発売されます。

ちなみに、LBX-00は当時のPSPソフト『ダンボール戦機』の初回特典に付いてきたプラモデルですが、今回はそのキットに鋼鉄棍とオートマチックガンが付属します。

スポンサーリンク

LBX-00

では、写真を交えてのレビューでも。

LBX-00 メーカー希望価格 ¥1000

目のシールのみ使用しています

正面。成型色は青がメイン。設定としては外装を付けていない素体という設定です。

サイド
バック

色分けに関しては、かなりしっかりしてます。付属のシールを貼ればパッケージとほぼ同じになります。

肩はここまで上がります。

ひじは、90度くらいでしょうか。関節の構成上、逆側にも90度に曲がります。

スカート部分を上げればもう少し開きます。
上げなければこれくらい。
ひざはこんな感じ。
かかとはボールジョイント?で引きだして可動範囲をあげれます。
武器類。こちらのものが今回付属してきます。

なかなか優秀な可動範囲のおかげで、かっこいいポーズも思うがままです!

LBX-アキレス

今度はこちら。

モヒカン主役ロボ・・・もとい「アキレス」です。

先ほどのLBX-00に改装を取り付けるとこのアキレスになります(アニメの設定)。

稼働範囲等は先ほどの物とほぼ同じなので割愛します。

今回の再販では、間接パーツの素材を変更し、頭部パーツの細分化をして色分けで再現しています。

今回使用しない頭部パーツ。

こちらが、今回の説明書で使われている頭部のパーツです。黒いコア部分に、白い外装を取り付ける形になりました。

左が旧頭部。右が新頭部。余分にパーツがあるので何か作るときに役立ちそうです。

武器は、ランスとシールドのみですが、デザインのおかげでかっこよくポーズを決めることができます。

盛り上がるか?ダンボール戦機

放映当時は、今の会社に入社して2から3年目だったと思います。最初は放映していても売れ行きはゆっくりでしたが、途中から爆発的な売れ行きになってました。第二シーズンと第三シーズンとやっていましたが、第三シーズンの『ダンボール戦機ウォーズ』が若干売り上げが減った感じです。

アニメが終わってからは、在庫分しか商品はありませんでした。初期の製品等はネットやリサイクルショップで値段があり得ないくらいに高騰するという事態に陥っていましたね。

今回の再販のおかげで、当時子供だった方が使えるお金が増えたりして、ファンにとってはうれしい再販です。そのファンに加えて、ネットのコロコロチャンネルにて無料配信とのことなので新たな新規ファンの獲得ができればうれしいですね。

冷え込みの激しいこの業界。何が起爆剤になるかわからないので、今回の再放送と再販に期待しています。

では、皆様たのしい模型ライフを。

ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。