スポンサーリンク

ガンガンズダンダン♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイトルからわかるように、新作のプラモデル買ってきました。

モデロイド シンカリオンE5はやぶさ

『新幹線変形ロボ シンカリオン』

主人公のハヤト君が運転士を務めるロボット。変形前は、JR東日本の東京から青森まで走っている新幹線「はやぶさ」となってます。

実在の新幹線が、ロボットに変形するアニメなので子供たちに大人気!さらに、ロボットアニメファンにも人気です。自分も毎週見てます。

やっぱり実際の乗り物が変形するアニメってのはいいですね。

タカラトミーさんのプラレールの玩具として、アニメの展開とはしていなかったのですが、同じころに玩具展開していた「ドライブヘッド」の商品が先にアニメ化され、そのアニメが地上波放送終了(打ち切り?)後にアニメが放映されています。アニメがまさかの第五クールまで放送しており、4月まで継続が決定しているという化け物番組になってますw

シンカリオンE5はやぶさ レビュー

さて、話が色々それましたがぼちぼちレビュー記事を書いていきましょう!

正面
サイド
背面

モデロイドの商品は、接着剤不要で色分け済みという良心的な商品です。これでお値段¥2900(税込み)お買い得だと思います。

ただ、ガンプラばっかり作ってると合いが悪いところもあったりしますが、ガシガシ動かせるので楽しい代物になってます。

大きさ比較。
少し大きめな1/144∀ガンダムが比較なのであれですが・・・。

普通の1/144HGガンダムなら、大体おんなじ身長になると思います。

腕はここまで上がります
肩はジョイントが入っているためここまで上がります。
肘と膝は二重関節になっています。
立木のポーズも可能w

可動範囲が結構広めにとってあるので、劇中みたいなポーズを撮ることも可能。

膝立ちもこの通り。

付属品は下記の物になります。

交換手首と武器。必殺技再現パーツにエフェクトパーツです。
必殺!グランクロス!

組み立ててみた感想は、ミニプラを組み立てているみたいな感じです。

ミニプラみたいな硬いABS素材ではないですが、ポリキャップを使わないためガンプラと比べるとスリムな印象を受けます。個体差があるのか自分のは頭が取れやすいイメージでした。

GSIクレオスより新幹線はやぶさ用カラーが出ていますので、そちらを使って全塗装するのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

入手は早めに!

こちらの商品、あまり生産数が無いのか自分の会社にはそこまで多く入ってきませんでした。

元々玩具展開していた商品を、プロポーションメインでプラモデル化しているので、バイヤーや発注担当は受注を取るとき悩んだのでしょう。

デカい量販店などは多めに入れているかもしれませんが、確実に入手するならば早めに手に入れることをお勧めします。