スポンサーリンク

バンダイ ハロプラ  ボールハロ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まいどです。

今回は、少ない時間でもサクサク組める今週新作のガンプラをレビューしようと思います。

バンダイ ハロプラ ボールハロ メーカー価格¥600(税別)

ハロがとうとうコスプレ始めました。しかも、パッケージは旧ガンプラのコレクションシリーズ「ボール」のパロディです。

ちなみに、今週発売のガンプラは、こちらのボールのほかに、

  • 1/144HGBD ガンダムラブファントム
  • SDCS ガンダムダブルオーダイバーエース

が出ます。

ラブファントムは、今度買ってきてレビューしようと思います。

どこが違う?ボールハロ

組み立てる工程は、さほど変わりません。

大きく違う点は、キャノン砲とマニュピレーターを取り付けて完成というところでしょうか?

このキャノン砲、この小ささでちゃんと上下に可動します。

マニュピレーターも付け根のボールジョイントと関節の軸で結構動きます。

これでお値段¥600なら、大変良い物だと思います。少し気になると言えば、マニュピレーター部分が肉抜きされまくっていて悲しいところですかね?

昔のSDガンダムとかは、¥500でしっかりした構造だったような気がします。

時代の流れということなのか、原材料の高騰でなのか。この¥600で抑えるにしても限界はあるのでしょうね。

ボールハロを説明書の通りに作ると、元のボールのパーツがこれだけ余ります。

逆を言えば、ボールカラーのハロを作ることも可能。

キャノン砲は、先にも記述した通り上下稼働が可能です。

しかし!

上への稼働は、弾倉が邪魔をしてそこまで上がりません・・・。

砲身の向きは、360度変えれます。

マニュピレーター部分も先の記述と同じくこれだけ動きます。

人間でいうところの、肘関節にあたるところが軸関節になっているので、上にも下にも動きます。しかし、手首にあたるところは可動しないためポーズは固定になります。

耳(?)は開閉機能がそのまま残っているので、このように開くことも可能。

プチッガイと同じ道を歩めるか?

この、バンダイの低価格、可愛い系シリーズのハロ。

前作、前前作で人気となった「プチッガイ」と同じようにシリーズ化していっていますが、どこまで人気を延ばせるか気にはなるところです。

プチッガイは、クマの人形ということで人型を模しているが故に、色々な改造がしやすいのが大きな魅力でしたが、このハロは作り手の感性が問われる代物だと思います。どこまで行っても球体ということで、塗装で色々やってみるしか自分にはいいアイデアは思いつきません・・・。

このハロの可愛さをそのままに、超絶すごい作品を作るモデラーさんはいるのでしょうか?

模型雑誌でも、ハロの製作記事は見ないんですよね・・・。

ハロは、デザインがもう完成しきっているというのが一つの難問かもしれません。

それでは、自分だったらどうやってこのハロを魅せれるものにするか考えつつ、今回はこの辺で終わりたいと思います。

楽しい模型ライフを。