スポンサーリンク

プラモ向上委員会

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんこんばんは。今回は、自分の仕事場に入ってくる商品について綴っていこうと思います。

一応、そういうところに働いていますので、定期的に記事にしていけたらと思います。

プラモ向上委員会ってなんぞや?

プラモ向上委員会とは、株式会社エトワールのホビー用品ブランドになります。

2013年に設立された新しい会社です。

ここ最近、この会社の商品が大人気なのは知ってる方も多いのではないでしょうか?

中でも人気なのは、こちらの二種ではないでしょうか?

ワークステーションBASIC ◆本体価格¥4200(税別)

ワークステーションPRO ◆本体価格¥6900(税別)

「作業台だけに、5~7000円もするの?」

と思われた方もいると思います。実際、私も説明を聞いた時はびっくりしました。

ですが、これは結構リーズナブルな物だと思います。この商品に対抗できるのは、タミヤ製のワークスタンドだけだと思います(模型業界だけの話)。

さて、何がそんなにすごくて、発売されてからバカ売れしているのか?工具系仕入れ担当の個人的な意見を踏まえていきたいと思います。

何がすごいの?ワークステーション?

まず初めに、この記事を見ている方に聞いてみたいのですが、どのような環境でプラモデルを作ってますか?

多分、色々いると思います。

例えば、

  • 机に新聞紙を広げてそこで作る人。
  • 専用の作業机でカッターマットとかひいて作業する人。
  • プラモの箱の中で作る人。

色々いると思います。

もう、制作環境が整っている人からしたら「こんなのいらね。」と思われるかもしれませんが、一台あるとすごい便利だと思います。

基本的に、整理整頓ができているモデラーさんならば机の上は綺麗だと思います。

ただ、そうじゃない方が多いのではないでしょうか?自分もその一人です。

個人的にイイ!と思った箇所。

ワークステーションシリーズですが、個人的にお客さんに薦めるならば、以下の事が言えると思います。

  • 持ち運びしやすいコンパクト設計
  • 説明書置きがある
  • 切りくず、削りカスが下に落ちる
  • ルーペ・LEDライト付き(ワークステーションPROのみ)

持ち運びに関しては、専用の作業部屋などが無い方やこの頃色んな所で開催されている制作会等で真価を発揮すると思います。折りたためばコンパクトになるのもポイントです。片付け後がきれいですから。

説明書置きは、皆さんどうしていますか?膝の上にのっけてやってる人とかいませんか?

自分は、膝の上です・・・。

これでやってると、腰とか痛くなるのと、やっぱり姿勢が悪くなりますよね・・・。

で、こちらの商品、そこを改善してもらってると思います。説明書を立てかけて作業ができるのはかなり良い点だと思います。

さて、プラモデルを作るうえで、出てくる切りくず等はどうしてましたか?

下にひいた新聞ごとポイしてましたか?それとも何かの箱?ゴミ箱を膝に抱えて?

どれもやったことありますw

ですが、このワークステーションは、箱内部にトレーがあり、上は穴の開いた天面。この穴に切りくずが落ちていくというわけです。

プラモの作り方として、二度切りが推奨されているため、切りくずが増えるのは当然です。

下のトレイに落ちてくれるのであれば、作業が終わった後にトレイを引き出して「ゴミ箱へポイ」するというらくちん設計。

腕に自信のある人は、似たような作業箱を作れる人もいると思いますが、簡単に作れる方限定の話です。失敗したらお金がかかるので、そうしたくなければ素直に既製品を買うのが一番です。

最後に、PROにのみついてるのですが、ルーペとLED。これは、細かい作業をする方にはうってつけだと思います。1/700WLシリーズ等で効果を発揮するのではないでしょうか?

気になったら買っとくべき!

ここまでの事を読んで、気になった方。この商品は買っておいて損はないと思います。

昨今の、模型事情から見ると、

コンパクトに。

これがキーワードとなっていると思います。でっかい机を持っている方や模型ライターさんならあまり関係ない話ですが、昔プラモデルをやっていたという出戻りモデラーさんなんかにとっては、作業スペース等はじめは持てないと思います。

そんな時にこの商品に出会ったならば。展開すれば、十分な作業スペースを確保できて、周りを散らかさないので重宝すると思います。

気になった方は、Amazonなどのネットショップ・模型店・量販店等にお問い合わせを。

あなたの模型ライフを良い物にしてくれるともいます。

メーカーHPはこちら

購入は、各種リンクからどうぞ。