スポンサーリンク

黒いジム!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんばんわ。

今回は、黒いジムこと。「ジム・クゥエル」のレビューをしていきたいと思います。

商品としては、古い部類に入るプラモデルです。一番初期のHGUCシリーズから現在に至るまでの進化の歴史を感じられる逸品。

陸戦型ガンダムから始まった肘の二重関節を搭載しています。関節等はABS製の樹脂でできているため、フル塗装する方は結構難儀な製品です。

背面

サイド

今のガンプラを見ると、結構大味で人によっては気に入らない方もいるかと思いますが、個人的には、この若干マッシブな感じが好きですね。

可動範囲等は?

ということで、見ていきたいと思います。

腕は、昔のなので軸関節となっています。90度ほどが限界でしょうか?

肘は、関節のおかげで人間らしい感じに。

一応、肩の引き出しスイングがあるのですが、現行のガンプラと比べるとまだまだという感じでしょうか?

うん。申し訳ない程度ですね・・・。プロポーションと可動域の模索をしていた期間だと思います。

腰は、軸稼働ですが、干渉するものが無いので捻りは簡単にできます。

現行のは、球体状のポリパーツを使用しているので捻りに加え、上下スイングもできるという。進化したなぁ…。

脚部は、あまり開くことはできませんが、17~18m台の人型ロボットというのならば、こんなもんでいいのではないかと思う自分がいます。人の動きと同じにしすぎると違和感ありません?

人の動きをトレースするロボットならばいざ知らず、コクピットで操縦桿を握っているメカなので、ほどほどが良いですね。

武器・余剰パーツ

このジム・クゥエルは武装もシンプルでこんなけです。

ジムライフルとビームサーベル。シールド(撮るの忘れた)。

で、このキットの余剰パーツがこちら。

このジム・クゥエル。このキットより先に出た「ヘイズルカスタム」と「ヘイズル二号機」のバリエーションキットなので、そのパーツが余ったのでしょう。何かに使えるかなぁ?

で、似たようなキットで「ジムカスタム」があるのですが、こちらは新規金型キット。

MGは、「NT-1アレックス」のバリエーションキットなのに・・・。

なんだろう。この扱いの差。

で、なぜ今更このジム?

というわけで、ジム・クゥエルのレビューでした。

はい。なんで今更このキットのレビューなのかというと、Twitterの企画で「グリプスごっこ」というのに参加してまして、それの題材としてチョイスしたキットなのです。

グリプス戦役時にありそうな武器や改造を施した感じがレギュレーションです。

さて、どう改造していくか…。