スポンサーリンク

ハロプラ001 ハロ ベーシックグリーン~レビュー~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新発売のハロのプラモデルを買ってきたので早速ご紹介。

ハロとは?

機動戦士ガンダムシリーズに度々登場する。小型ロボット。

私の中のイメージとしては、ゲームソフト『SDガンダムGジェネレーション』シリーズの最強機体のイメージが強いです。

ゲームの中では、『丸い悪魔』と称されてます(笑)

アニメ作品としては、

  • 機動戦士ガンダム
  • 機動戦士Zガンダム
  • 機動戦士ガンダムVガンダム
  • 機動戦士ガンダムSEED
  • 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
  • 機動戦士ガンダム00
  • 機動戦士ガンダムAGE

私の中の記憶では上記の作品でしょうか。もし何かの作品が抜けてるということがあればお知らせください。

結構色んな作品に出てますね。

それにこのハロ。作品によって大きさや色が違います。なのでこれからもこのハロプラシリーズは色変えに何かしらのパーツを付けて足して販売していくといういつものバンダイ商法間違いなしな商品です。

組み立ててみました。

ランナーは2枚。パーツ数は30点ほど。ニッパー等の工具を使わなくてもランナーからパーツが取れるタッチゲート式。

なので、ものの10分程度で組み上がりました。

丸っこくて可愛いですね。

僕が買ってきたのは、ベーシックグリーンのカラー。同時発売で、『ディーバレッド』と『シューティングオレンジ』という赤とオレンジ色のハロも出ています。

が、やっぱりハロといえばこの緑ですよね。

このプラモデルには、シールは入ってません。

なので目にあたる部分は、中のパーツの突起を使って表現しています。

中の内部メカに目の部分が付いていて、外装に穴が空いており、そこに突起が入って目の部分の出来上がりとなってます。

一昔のバンダイならば、シールで終わらせているか、インジェクション技術をフルに使って別の色プラを流し込んでいるでしょうね。

ツヤを消してみる

室内、それも夜ということでスプレータイプのつや消し剤は使えないので、100円均一で販売しているメラミンスポンジて表面を磨いてみました。

完全にとは行きませんが、いい感じにテカテカ具合が消えました。

100円均一の商品というか、メラミンスポンジは結構使えます。

このハロプラですが、お値段ひとつ500円とかなりリーズナブル。プチッガイシリーズと共に、息の長い商品になると思います。

やっぱり、丸っこいものは可愛いですね。

コメント

  1. Johng229 より:

    Some genuinely prize content on this internet site, bookmarked. kcdkckggdkgc

  2. Smithc419 より:

    I do consider all the ideas you’ve presented on your post. They’re really convincing and can certainly work. Still, the posts are very brief for novices. May just you please extend them a little from next time? Thanks for the post. ddeakfcbefbkkkec