スポンサーリンク

美少女プラモデル戦争その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回までは、『コトブキヤ』と『バンダイ』の事について話してきました。

今回は、その他メーカーについてお話していきます。

アオシマ。バルキリー少女

まだ発売はされていませんが、発売が今月なので、こちらをご紹介。

色々な模型メーカーが参加している

『マクロスモデラーズ』

このプロジェクトのひとつとして、アオシマ文化教材社からは、バルキリーを着込む女の子のプラモデルを出します。

このアオシマ文化教材社の模型は、車のプラモデルが主な商品かと思われますが、このアオシマ文化教材社はフィギュアの商品を手がける『ファニーナイツ』という部署があります。

フィギュアを手がけるだけあって、女の子のプラモデルの造形は、出来が良いです。

バルキリー少女

女の子部分以外にも、肝心のバルキリーの出来もご確認ください。

ハセガワ。たまごガールズ

飛行機の模型で有名なメーカー『ハセガワ』

こちらからも、女の子のレジンフィギュアが付いたプラモデルがシリーズ化して出ています。

もともと、『たまごひこーき』というシリーズのパッケージに描かれていたキャラクターのデカールを付けたワーゲンバスのプラモデルが出ていました。

これが出たのが、フレーム・アームズ・ガールのちょっとあと。

そして夏や冬、バレンタイン等のイベントをイメージした限定デカールを付けて発売。

そこから、それぞれの女の子をモチーフにした車やたまごひこーきにレジンキャストで作られたフィギュアを付けて発売しています。

プラモデルという括りにすると、少し趣向が違いますが、この『美少女プラモデル』というカテゴリー的には当てはまると思うので紹介しました。

フジミ、ウェーブ

フジミ模型からは、ディフォルメ等身の『初音ミク』がプラモデルとして出ていました。

フジミ模型は雪ミク電車レーシングミク等の初音ミク関連の商品を出していました。その流れで出したのだと思いますが、フレーム・アームズ・ガールが出る前に出していたのとディフォルメ等身と言うのが仇になり今ひとつ盛り上がりませんでした。

株式会社waveからは、このようなものが出てました。

サイバネティックヒューマン

本物に忠実に作っているため、可愛いと言うよりも、怖い印象があります。これも、例の商品が出るだいぶ前に発売されたある意味色モノ商品であるので、そこまで売れなかったという悲運があります。

両社とも、新しい試みをするという意味では素晴らしいのですが、いかんせん時代を先取りし過ぎたのが仇となっています。

国内有力メーカーの戦い

国内の有名模型メーカーから、美少女プラモデルというジャンルの物が出ているという事で、お話をしてきました。

  • バンダイ
  • コトブキヤ
  • アオシマ
  • ハセガワ
  • フジミ
  • wave

この6社の中でフジミ模型を除いて、美少女プラモデルの商品が発売される事を発表されています。

各社、どのような商品が発売されるのか。楽しみな1年になりそうです。

次回でこの『美少女プラモデル戦争』の話題を最後にします。

気になるメーカーの物がありましたので。その商品のことをお話しようと思います。

それでは、楽しいホビーライフを。